ビタミンから目の改善

サプリメント

目の疲れに、効果がある食品として一番有名なのが、ブルーベリーです。目の疲れにいいと評判なのは、アントシアニンが大量に含まれているからです。アントシアニンは、目に存在するロドプシンという成分の再合成を促す作用があることから、目の疲れを癒すのに活用されてきているのです。誰もが、ブルーベリーに含まれているアントシアニンが、目の疲れを癒すと思っているでしょう。ブルーベリー以外の食品にもアントシアニンが含まれています。ブドウやスイカなどのフルーツにも含まれています。また、ナスやシソ、赤キャベツ、黒豆などの野菜にも含まれています。いずれも、ブルーベリーと同じ紫色をしている食品にアントシアニンが含まれています。普段の食事でも、紫の食品を活用した料理を食べることが、目の疲れを取ることにつながるのです。

目の疲れを取るために、ただ単にアントシアニンを摂取するだけでは効果がありません。目の回復を図るためには、アントシアニンと一緒にビタミンAやビタミンB群も同時に摂取したほうが、より高い効果が発揮されます。ビタミンAは、チーズやレバー、うなぎ、ほうれん草などに多く含まれます。また、ビタミンB群は、豆腐やいわし、豚肉などの食品に多いです。特に、ビタミンB群は、目の疲れによる視神経の伝達機能を回復させる役割を持っています。ビタミンB2とB12は、目の細胞を再生させる効果があり、目の充血と角膜の炎症を防ぎますので、積極的に摂取したほうがいいです。アントシアニンとビタミンを効果的に摂取して、目の疲れの改善を図りましょう。